FrontPage information products plan work-log(jp) contact

work-log/2000-04

[ 2000 - 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 ]
[ 2001 - 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 ]
[ 2002 - 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 ]
[ 2003 - 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 ]
[ 2004 - 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 ]
[ 2005 - 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 ]
[ 2006 - 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 ]
[ 2007 - 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 ]
[ 2008 - 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 ]
[ 2009 - 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 ]
[ 2010 - 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 ]
[ 2011 - 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 ]
[ 2012 - 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 ]
[ 2013 - 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 ]
[ 2014 - 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 ]
[ 2015 - 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 ]
[ 2016 - 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 ]

 2000-04/25

今後の予定ですが、まずこのサイトの体裁を整えたいです。

昨日今日とETV2000(NHK教育)で細野晴臣のスペシャルを見る。ざっとヒストリーを本人から解説って感じ。まぁそれほどコアな内容ではないですね。当たり前ですが。俺はYMO世代ですがYMO自体にはハマりませんでした。それよりかは後追いでトロピカル三部作のようなラウンジ系の方により惹かれます。

FOGBOUND/Boom Boom Satellitesに唸る。ディレイによるリズムアンサンブルは俺が目指してる方向性でそれを見事に具現化してくれたというか、先を越されたというか(身の程を知りましょう>俺)。バリエーションの付け方で参考になる部分が多かった。いやいや、後追いしてても意味が無いか。

(Sommench)

 2000-04/23

今日はM3でした。

時間ギリギリで掛けこんで、準備していたらスタッフの方から「1マス違ってます」と。…ハズカシーッ。あわてて移動し確認してみたら、それは準備会の予備スペースでした。失礼しました。

そんなマジボケをかましてしまいましたが、予想以上の売れ行きで2時間で30部を完売しました。買ってくれた方、試聴してくれた方、ありがとうございました。50部ぐらいが適当だったのかなぁ? 元ネタがXeviousだからというのもあるだろうから次はそんなに売れないだろうとは予想していますが。13:00過ぎには早々と撤収してしまいました。次のM3で少量の再販を予定しています。確実に手に入れたい場合は事前に連絡を下されば、用意しておきます。オンデマンドで作れるところがCD-Rの利点ですね。

次回、何を作るかはまだ全然考えてません。さて、何をやるか?
その前にサイトの体裁をー。

家に帰った後はずっとRaycrisis(Playstation)やってました。

(Sommench)

 2000-04/22

気が付いたら明日はM3。なんとか間に合いそうですが。

(Sommench)

 2000-04/21

ジャケットの印刷。断ち切り。BGMはTRANSONIC 9/V.A.。

…手が痛ーい。

(Sommench)

 2000-04/20

レーベル面を貼る作業終了。空気が入って数枚をダメにしてしまう。空気が入ってるとプレイヤー自身を壊す可能性があるから慎重にならざるを得ない。そういう危険が無ければ空気入ってるものでも売ってしまうのだが。続いてジャケットの作業。自分が納得いくモノを作るのは手間がかかることを思い知らされる。

(Sommench)

 2000-04/18

デュプリしながらレーベル貼りながらポータブルCDでデッキでPCで今回のCDを検証する。

CD-RだからかPCのCD-ROMドライブがスロットインだからかどうだかはわからないが、ワウフラッターのような効果が凄くかかってしまうことがある。その場合は一度イジェクトして入れなおせば大抵直るのだが、なんか気になる。最初はミックス時の問題かと思い背筋が寒くなる。

検証して気になったのはノイズプルーフ。エフェクト多用するので予想はしていたのだが、人によっては耐えられないかもしれない。あと突発的な過大入力で音が割れてる所が結構ある。これは俺自身そういう音が好きなので仕方が無い。趣味悪いとか言われそうだが。確かに割れなくするのはそんなに難しくはないけど、何というか割れてる方がいいと思う時があるからそのままにした。「それは明らかに間違っている」とか言われそうだが。でもそうかもしれない。そうじゃないかもしれない。単に言い訳かもしれない。

レーベル面を貼るのは数をこなすうちに慣れてきた。

(Sommench)

 2000-04/17

サンプルで一枚作成。
CDのレーベル面。貼るのが難しい。空気が入ってしまう。

…しかし内容がパッケージ負けしてるよなぁ。

(Sommench)

 2000-04/16

とりあえずマスターup。初めてオーディオCDを作る。何かニヤニヤしてしまう。明日からはデュプリ&パッケージ。

(Sommench)

 2000-04/15

作り込み。手間を掛ければ掛けないよりいいものになるのは明らか。

しかしながら、一回の即売会に出すものとしては5トラックぐらいを作り込んでいくのがいいのかもしれない。8トラックはちょっと多かったような気がする(vs自分のスキル)。というかもう少し早くスタートすればいいだけの話か。

(Sommench)

 2000-04/14

さて実際音をこねくりまわせられるのも、この土日だけだろう。

やったるでー。

(Sommench)

 2000-04/13

M3が近づいて来ている。こんな時に限って作業時間が削られるハメに。

今まで出来たモノを聴き返して思うのは、決定的にアンサンブルが足りない(完成していない)ということ。
ただ、それに気が付いたということは少々は耳+大脳の機能が復活して来ているということか?

(Sommench)

 2000-04/09

3/31に余裕があるとか書きましたが全然余裕がありません。気のせいだったようだ。ツメの作業は時間がかかることを思い知らされる。作業しているうちにデータに手を加えたくなるが、それをやってるとミックスのスケジュールに影響が出るのでやらないことにする。やっぱり全体のクオリティを確保するのは難しい。プロはすげぇなぁと思う。一定のクオリティを常に確保しなければならないんだから。

(Sommench)

 2000-04/07

今週は全然作業できませんでした。こんなことだったら先週の土日に気を抜くのではなかった。

(Sommench)