FrontPage information products plan work-log(jp) contact

work-log/2000-10

[ 2000 - 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 ]
[ 2001 - 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 ]
[ 2002 - 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 ]
[ 2003 - 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 ]
[ 2004 - 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 ]
[ 2005 - 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 ]
[ 2006 - 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 ]
[ 2007 - 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 ]
[ 2008 - 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 ]
[ 2009 - 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 ]
[ 2010 - 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 ]
[ 2011 - 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 ]
[ 2012 - 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 ]
[ 2013 - 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 ]
[ 2014 - 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 ]
[ 2015 - 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 ]
[ 2016 - 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 ]

 2000-10/29

作業は終了している。またもや内容がパッケージ負けしている気がする。がしかし今回は前回のようなOHP6枚重ねのジャケなんてアホなことはしていない。ありゃやり過ぎだ。500円ぐらいでも売れたかもしれない。

NHK総合18:10からの番組を観る。細野晴臣氏が小学校へ行って生徒と街中の音を録りまくって、素材をソフトウェアでエディットしまくるという内容。その中で生徒が曲構成を決めるためのスケッチを描くのだが、これが面白い。というのも五線譜に曲の全体図を描くのは非常に困難で五線譜に拘らないスケッチが楽譜として非常に自然なものだと思うからである。俺自身、最近五線譜は全然使わない。五線譜から解放された現代音楽の楽譜もそれに近いものだし、音楽全体の流れとしては五線譜を使わないのは自然な流れなのではないだろうか。もちろん細部を表現するのには五線譜は必要だと思うが。
しかしこの生徒たちも成長し世の中の「標準」というものを知るに従って、そういうものは描けなくなっていくのだろうと思うと残念でならない。傲慢な考え方か?

(Sommench)

 2000-10/21

編曲作業は終了。残りはミックスダウンと調整とデュプリとパッケージ。

もうM3まで雑記は更新しないかもしれません。

(Sommench)

 2000-10/19

実はとっくに4トラック目の制作に入っていたりして。

今月末は忙しくて作業出来ないのがわかっていたので年末進行よろしく早めの作業。1トラック/週が平均ペースかな。2倍の手間をかければ1.2倍は完成度が高まるはず。

前回、今回と作業して感じたのは平日にどれだけ作業出来るかが重要ということ。やるべきことが決まっているなら休日は効率がいい。しかし俺の場合、試行錯誤する時は時間に余裕が有るとダラダラしてしまう癖がある。平日夜遅く帰ってきてからの作業は厳しいが短時間しか出来ないので集中している分、効率がいい。

今回4トラックで確定。その代わり全トラックロングミックス。トータル時間は前回より長いのが笑える。冗長ナリ。

(Sommench)

 2000-10/18

久々にトータルリバーブを使う。最初は感覚が掴めず、ここは風呂場か?ってぐらいになってしまう。リバーブは音のエッジというかスペクトルが高い領域というか高音部?ではないな、まぁそういう部分の音のボケかたが全然好きではないのである。同じ空間系でもディレイの方が断然好きなのである。まぁリバーブは原理的には異様にディレイタイムが短くフィードバックが多いディレイなのであるが。

(Sommench)

 2000-10/16

調子のいい時には特に書くことも無し。

(Sommench)

 2000-10/13

ここまでの2トラックを聴き直す。あれ?作った直後に思っていたよりは悪くない(もちろん贔屓目)。

今に始まったことではないがコンピュータで出来そうなことが出来ない環境に憤慨している。自分に合ったソフトウェア、サウンドカード、MIDIインタフェースそれぞれが小さな問題を抱えていて、それを合わせるとかなりイカン状態となる。個々のソフトウェア、ハードウェアの機能的な部分については不満は無いのだが。…バージョンアップに期待。

(Sommench)

 2000-10/12

これで2トラックが完成。

その曲独自の魅力、というものを出すことは難しい。さらに元曲がある場合、ベクトルは違っててもその元曲と同程度の魅力を引き出せなければ、アレンジメントの存在価値は無いと思うがどうか? 今回のEccoは意外と難しい。現時点では明らかに元曲に負けている。

(Sommench)

 2000-10/11

安易な作り。問題アリ。前回の時のような勢いが無い。アイディア自体の練り込みが甘いのかもしれない。トラック毎、ユニット毎、今回のCD全体の明確なコンセプトを提示することが最重要課題かと思われる。

あと1トラック追加したくなる。まだ1トラックしか完成してない時点で言うべきことではない。

(Sommench)

 2000-10/09

2日で1トラックはそりゃ無理だ。ただ出来れば…というの以外は。でもまぁちょっとはスピードアップしている、と思う。

映画とかで出てくる潜水艦のpingerの音が使いたくなる。色々と手持ちのネタとか漁ってみたりサンプリング出来そうなものとか探してみるがイマイチ使えそうなものが無い。映画のビデオからサンプリングするのはダメなので渋々シンセに向かう。10分で完成。なんじゃそりゃ。といっても「似てるかな?」程度。まぁモノホンのpingerの音なんて聞いたことも無いし、その程度でいいんじゃないかと思うが。

(Sommench)

 2000-10/07

作業途中、突然SH-101のラインのノイズが酷くなる。そろそろ寿命かとも思ったが、よくよく調べてみればEQからパッチベイに戻るラインのケーブル不良だった。

やっと1トラック完成する。ちょっと時間掛け過ぎ。スピードアップを図りたい。願わくば明日明後日で1トラック出来れば…。

(Sommench)

 2000-10/02

もうすぐ1トラック完成する。「俺的にはかなり好きだが、受けは悪い」という典型的な臭いがプンプンする。まぁよい。人のためにやっているわけではないのだから。

(Sommench)