FrontPage information products plan work-log(jp) contact

work-log/2001-04

[ 2000 - 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 ]
[ 2001 - 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 ]
[ 2002 - 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 ]
[ 2003 - 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 ]
[ 2004 - 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 ]
[ 2005 - 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 ]
[ 2006 - 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 ]
[ 2007 - 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 ]
[ 2008 - 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 ]
[ 2009 - 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 ]
[ 2010 - 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 ]
[ 2011 - 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 ]
[ 2012 - 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 ]
[ 2013 - 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 ]
[ 2014 - 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 ]
[ 2015 - 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 ]
[ 2016 - 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 ]

 2001-04/30

M3第7回終了。試聴して下さった皆様。買って下さった皆様。周辺サークルの皆様。ありがとうございました。感想等ありましたらご連絡下さい。

今回の反省点はまず第一にサークルカット。前回濃度が高過ぎたので今回は薄めに作ったら裏目に出た。あと確実に説明不足だと思った。次回からは何のアレンジメントなのか明記しようと思う。
次に誰に言われたわけでもなく自分で思ったことが、内容ではなく見た目で売ってる感が強いということ。
…いやもうこればかりは変えようがないですが。

本題。音に関してはレベルオーバーの回避が最大の課題。2トラック目等全体的に不快なノイズが載っている。これはトータルで掛けた効果を狙ったエフェクトによるノイズではありません。マスタリング時の問題と思われる。レベルオーバーする原因を解消する必要あり。

なお、いつもの通りこの雑記は次の即売会前まではあまり更新しないと思います。

(Sommench)

 2001-04/28

informationに書き忘れてましたが、M3でのブース番号は2Fの46bです。こういう基本的なこと忘れるのはかなりイカンです。

(Sommench)

 2001-04/27

試聴コーナー用のCD、aerophonon sampler [2001-spring]のブックレット作成。音楽作業が続いた反動からか妙にブックレットに力が入る。

(Sommench)

 2001-04/26

パッケージ作業終了。試聴コーナー用のCDの編集作業に入る。試聴コーナー用のCDはこれまでのCDから数曲ずつピックアップしたものになる予定。

(Sommench)

 2001-04/24

デュプリ&レーベル貼り終了。BGMは M REMIX01&02 / M (GAME MUSIC MANIA)。つくづく俺はbeep音とかゲームのSEとか効果音とかPSGとかFM音源が好きなんだなぁ、ということを再認識する。細かい感想等はいずれ。

後はパッケージですが、今回は地味に。というかいつも地味ですが。

(Sommench)

 2001-04/23

音跳びの問題はこのドライブ固有の問題と断定。色々な環境で試したが、問題のドライブ以外では音跳びせず。

パッケージ作成。ワンパターンな感じ。もうちょっと考えたい。それにしてもパッケージ素材(紙とかケースとか)を選定している時も音楽を作ってる時と同じ位楽しい。

ヒサゴのCD-R用透明フィルムラベルに変化あり。粘着面に四角状のテクスチャが入った為、格段に貼りやすくなっている。Eccoの時のレーベルだとテクスチャが邪魔だったかもしれないが、今回はテクスチャが悪くない効果を出していると思う。何しろ貼りやすい。Xeviousの時もEccoの時も気泡には悩まされたのだが、今回は悩まされずに済みそうだ。

(Sommench)

 2001-04/22

マスターアップ。全体的にちょっとヴォリューム大きいかも。PCのドライブで音跳びが発生。数種類のデッキやドライブで試したが音跳びするのは1台のPCのみ。クリーニングしても直らず。不安だ。

今回はパッケージのことを全然忘れていた。どうしよう。今回はEccoXeviousの時のように凝ることは出来ないと思う。

(Sommench)

 2001-04/21

何とか1トラック仕上げる。今回6トラックで確定。もう時間的にも精神的にも今回はこれが限界。精神力無さ過ぎ。

今回はいつもよりやり残した課題が多い。同一曲の別アレンジをもう少しやりたかった。

(Sommench)

 2001-04/18

次のアレンジ。とにかく作業。何とか形になる。がしかしやはり面白味に欠ける。自分の中で「こうすれば良くなる」というような方法論を見つけないと。

作業中に迷うのは最悪。

(Sommench)

 2001-04/17

時間をかければよいものが出来るとは限らない。ようやく完成したトラックは面白味がないのでボツ。参った。

(Sommench)

 2001-04/15

うーん。ネタ切れというか。後ろ向きというか。

進行状況にもよるが、今回のCDは7トラックになると思われる。

(Sommench)

 2001-04/12

充電終了。

エディットヴァージョン作成。これではエディットヴァージョンと言えないような代物。イマイチ丁寧に作れなかった。安易だしメリハリも無い。多分作り直す。

(Sommench)

 2001-04/11

気が付いたらHDDの空き容量が全然無い。ファイルを整理する。パート毎に細かくオーディオを扱ったりテイクを重ねていくと結構な容量を使ってしまうことが判明。今回の作業が終わったらアップグレードを考える必要がありそうだ。ちょうど充電期間でタイミングが良かった。

(Sommench)

 2001-04/10

トラック作成に飽きたので、というかちょっと充電が必要なので、これまでの4トラックをミックスし直す。エンジニアリングは前提知識や経験や耳の良さが求められる点が自分にとっては難しい。だがやらなければスキルが上がるわけでもなく。

無闇に収録トラック数を増やすより、1トラックに掛ける手間を増やしたほうがよいと思われる。現在4トラック完成しているわけで予定していたエディットヴァージョンを作成すれば当初の予定の5トラックに到達する。
…それでも2トラックほど追加するつもりでいるが。矛盾。

(Sommench)

 2001-04/08

逸脱系アレンジに取りかかる。好き勝手にやるのはある意味で楽。短いトラックで得意な方向性だからかもしれないが1日でほぼ形になる。

いつものことだが考えてみるとループ物ばかりだ。いくら変化の薄いループ物が好きな俺でも今回のCDはちょっと気になってしまう。元曲が元曲だけに仕方が無いのかもしれないが、こういう元曲だからこそ面白いループ物を作りたい。今回はその課題はクリア出来ないかもしれないが今後の課題として意識しておこうと思う。シーケンサ環境も考えるべき。今使っているシーケンサの機能そのものの問題ではないのだが、環境の問題が集中力を欠く要因になっているのは明らか。この問題が解決されれば長いシーケンスをストレス無く作成することが出来るはず(←言い訳)。

(Sommench)

 2001-04/07

トータルをアンプとコンプレッサーで潰してみる。ついつい潰し過ぎてしまうのはよろしくない。気持ちのいいバランスを見つけるのが難しい。今回は習作程度の出来。CDを埋めるために潰していないミックスも入れるかどうか迷うところ。

ようやく終了。これで計3トラック完成。週1トラックのペースで考えておくのが妥当と見た。

(Sommench)

 2001-04/05

遅々として進まず。

(Sommench)

 2001-04/02

プレイしないことには何も言えませんが、タイミング良過ぎ。というか悪過ぎ。というか公式サイト、異様に重いんですけど。

(Sommench)

 2001-04/01

3トラック目突入。コード天国(もしくは地獄)。出口の無い迷路。

(Sommench)