FrontPage information products plan work-log(jp) contact

work-log/2002-05

[ 2000 - 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 ]
[ 2001 - 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 ]
[ 2002 - 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 ]
[ 2003 - 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 ]
[ 2004 - 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 ]
[ 2005 - 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 ]
[ 2006 - 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 ]
[ 2007 - 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 ]
[ 2008 - 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 ]
[ 2009 - 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 ]
[ 2010 - 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 ]
[ 2011 - 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 ]
[ 2012 - 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 ]
[ 2013 - 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 ]
[ 2014 - 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 ]
[ 2015 - 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 ]
[ 2016 - 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 ]

 2002-05/19

次回一緒にCDを作る友人と戦略会議。というか「あーニチブツ復刻されないかなぁ」とか「ソルバルウの音楽がいーんだよ。CD化されてないけどな」とか、全然ATARIの話をしなかった。

色々と触発されて久々にオリジナルを作りたくなってきた。長期プランで時間見て作りためていこうと思う。完成は1年後か2年後。

…raycrisisのアレンジはどうしよう。こっちも絶対やりたいけど。

(Sommench)

 2002-05/02

M3当日はあんなことになってしまい、本当に申し訳ないです。もう無理の利かない年なんでしょうなぁ。

これを期に次回のCDはこれまでのaerophononとは違った展開を見せることになると思います。これまでは「自分の手で作る」ことにこだわってましたが、次回はCD-Rではなくプレスで、パッケージ印刷も業者に出そうと思います。そのため値段がこれまでよりも高くなると思います。内容が見合うかどうかの方が心配ですが、これは強力助っ人の登場により内容もグレードアップ出来るのではないかと。また、俺自身も次回は作業を早めにスタートし、今回の問題点であった制作作業の時間配分、完成品のクオリティを克服します。また、2人でやるため無理に曲数を揃えなくてもよくなることから1曲に掛けられる時間が増やせると思います。

また、次回の元ネタは「ATARI」です。タイトル非限定というのも初の試みで、色々と初物づくしになりそうです。また、これは決定事項ではないですが、ユニットの枠を取り外すことも考えています、結局は全部俺の個人ユニットだったわけで、そろそろ方向性を絞ってもいいんじゃないかという気もしています。

そんな感じのaerophononですが、今後とも宜しくお付き合い下さい。

(…その前に体直せって。>俺)

(Sommench)