FrontPage information products plan work-log(jp) contact

work-log/2003-03

[ 2000 - 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 ]
[ 2001 - 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 ]
[ 2002 - 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 ]
[ 2003 - 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 ]
[ 2004 - 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 ]
[ 2005 - 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 ]
[ 2006 - 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 ]
[ 2007 - 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 ]
[ 2008 - 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 ]
[ 2009 - 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 ]
[ 2010 - 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 ]
[ 2011 - 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 ]
[ 2012 - 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 ]
[ 2013 - 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 ]
[ 2014 - 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 ]
[ 2015 - 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 ]
[ 2016 - 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 ]

 2003-03/30

脳内アレンジで1日が終わる。

(Sommench)

 2003-03/29

結局、ピアノには頼れずパーカッションに頼る構成になる。しかし肝心のパーカッションも整理されていない点や、楽器の選択に難がある感じに。無理矢理ミックス前まで持っていったが、ボツ候補。

明日からは気持ちを切り替えて通常BGMのアレンジに入る。

(Sommench)

 2003-03/28

一昨日思いついた3/15に中断したトラックの変更案。トラック構成を大幅に変更。しかしこのトラックはまた3/7あたりに作業していた頃ともまたちょっと違う元曲の影があまり見えないオーバーアレンジ気味になってしまった。ボツ候補とまではいかないが、CDに入れるかどうか微妙なところ。

ある程度、形になっているものを素材も含め、一通り聴いてみる。他のトラックとのバランスを考えると未完成の作業中のトラックは一昨日思いついたピアノとパーカッションに頼るシンプルな構成にしてもよいかもしれない。

(Sommench)

 2003-03/26

昨日の続き。今日もコードをひねり出す。しかしやはり駄目。コード構成音の中の単音で白玉を被せてみるも全然うまくない感じ。とりあえずプラスアルファの部分は保留にして、音色を差し替えた元曲のパートとリズムを構成し直してみる。思い切ってピアノとパーカッションに頼る手もあるが、そうなるとaerophonon史上かつて無い程のシンプルなアレンジになってしまう。最早アレンジといえるかどうか。

作業中にボツ候補の3/15に中断したトラックに関して変更案を思いつく。時間的に出来るのか?

改めて認識したが、今回のwrecking crewは今までで多分一番難しいと思う。元曲にこれだけ手の入れ所が無いのも珍しいのではないかと。良く言えば無駄が無く、悪く言えばタイト過ぎる。(もちろんこれは「アレンジする」という点からしか見ていない発言なので注意)

(Sommench)

 2003-03/25

3/7に中断したトラックの作業を再開。いろいろとコードをひねり出す。しかしどれもこれも元曲の雰囲気から変わってしまう。雰囲気を変えることを前提としているアレンジなら問題は無いが、このトラックは雰囲気を変えたくないので。

(Sommench)

 2003-03/23

結論。大規模なコード差し替えはあきらめた。最初のイメージを活かすには不適と判断したため。コード差し替えに頼らないアレンジに変更する。確かに最初のイメージには近いが、なんか面白みに欠けるアレンジに。聴き手とすればこっちの方が気持ちいいんだろうけど。後はエフェクトで変化をつけるしか。全体構成も完了。

これでエフェクト、ミックス前まで完了しているのが3トラック。その内1トラックがボツ候補。アレンジ中が1トラック。通常BGMのアレンジはまだ1つも手を付けていないのが泣き所。

(Sommench)

 2003-03/22

結局あまりコードを差し替えられない。というか単純なコードなのに7th入れただけで全然印象が。もうちょっとコード練ってみるつもりですが。

(Sommench)

 2003-03/21

またボーナスステージ。2/22にやめた作業の最初のイメージをもう一度一から考え直す。

コード差し替え。しかし全然出来ない。コードをごっそり差し替えるのは前回のtr.5のように隙間(音符だけでなく)が多いものやコード例外音が少ないものでないとダメなんじゃないかと。

(Sommench)

 2003-03/19

ゴールデンハンマーの曲。残りはエフェクトとミックス。今回初めて充実した作業が出来たと思う。これで完成度が付いてきてくれれば言う事は無いのだが。一週間ぐらい寝かせて別のトラックを進めることにする。

(Sommench)

 2003-03/16

ようやくペースが上がってきた。ゴールデンハンマーの曲、メロ関係のパート以外は完成、構成はまだ。

(Sommench)

 2003-03/15

ようやくミックス前の状態まで持っていく。時間はかかったのに完成度はイマイチ。ミックス前に寝かせてもう一度検討する。

ゴールデンハンマーの曲のアレンジに取り掛かる。多分みんなが期待しない方向性で。

(Sommench)

 2003-03/11

もうちょい。

(Sommench)

 2003-03/09

意味論ですが、元曲のイメージも無く元曲の音形も使わないなら最早アレンジとは言えない、というかやる意味が無い。逆に元曲から全然変形させないのなら元曲を聴いていればよい(完全コピーを否定するわけではなく)。要は企画力で、そのアレンジに何らかの意味があるのなら大きく掛け離れようと元曲の音形をそのまま使うのでもよいという気がする。結局、一言でいえば「自分が納得するかしないか」というだけの話。

今作業中のアレンジはかなりヤバかったが、ようやく元曲が聴こえるようになってきた。

(Sommench)

 2003-03/07

大きく元曲と掛け離れる方向へ。ミニマルっぽくなりそうな予感が。

(Sommench)

 2003-03/05

ピアノを入れたことで一気にラテンぽくなる。とはいえ上モノに一味足りない。パートを重ねていくと見通しが悪くなりリズム感が悪くなる。しばらくこのトラックは保留とする。

別トラックにとりかかる。これもボーナスステージ。今日保留にしたトラックにはどうしても合わなかった(というか印象が強すぎた)コードパターンを流用する。逆にこちらは自分の典型的なパート構成になりそうなので時間はそれほどかからないと思うが、それがある意味手癖っぽいので良いやら悪いやら。

(Sommench)

 2003-03/04

約一週間の無駄。理由は仕事と去年4月末の病気が再発したため。もういや。

ベースパートの作成。作成というよりも元曲のベースが良かったため、ほぼそのまま流用。上モノは現在のところ全然見えないので、全体構成しながら追加していくことにする。

(Sommench)