FrontPage information products plan twitter contact

work-log/2003-03/26

 2003-03/26

昨日の続き。今日もコードをひねり出す。しかしやはり駄目。コード構成音の中の単音で白玉を被せてみるも全然うまくない感じ。とりあえずプラスアルファの部分は保留にして、音色を差し替えた元曲のパートとリズムを構成し直してみる。思い切ってピアノとパーカッションに頼る手もあるが、そうなるとaerophonon史上かつて無い程のシンプルなアレンジになってしまう。最早アレンジといえるかどうか。

作業中にボツ候補の3/15に中断したトラックに関して変更案を思いつく。時間的に出来るのか?

改めて認識したが、今回のwrecking crewは今までで多分一番難しいと思う。元曲にこれだけ手の入れ所が無いのも珍しいのではないかと。良く言えば無駄が無く、悪く言えばタイト過ぎる。(もちろんこれは「アレンジする」という点からしか見ていない発言なので注意)

(Sommench)