FrontPage information products plan work-log(jp) contact

work-log/2004-10

[ 2000 - 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 ]
[ 2001 - 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 ]
[ 2002 - 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 ]
[ 2003 - 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 ]
[ 2004 - 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 ]
[ 2005 - 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 ]
[ 2006 - 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 ]
[ 2007 - 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 ]
[ 2008 - 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 ]
[ 2009 - 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 ]
[ 2010 - 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 ]
[ 2011 - 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 ]
[ 2012 - 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 ]
[ 2013 - 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 ]
[ 2014 - 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 ]
[ 2015 - 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 ]
[ 2016 - 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 ]

 2004-10/24

M3で手に入れた音楽を消化する日その一。

正統派のカヴァーあり、拡張系有りと盛り沢山。原曲と差し替えて使っても問題無いクオリティ。
なにしろジングル含む全曲カヴァーという姿勢にやられた。
特にSand Oceanは地味な原曲の良い所を引き出せた名アレンジだと思う。
あとRed Canyon。雰囲気を変えつつ原曲を壊さない見事な拡張っぷりで音やフィルタの感じも良い。

怒首領蜂大往生とか斑鳩とか原曲知らないので断言してよいのかどうか不安なところだが、安心して聴ける一枚。とにかく原曲のエッセンス抽出と拡張部分のバランスが巧い。原曲知らなくても楽しく聴け、知ってる場合は原曲と比較して更に面白いといったところ。
tr.10のOcean Field(Solvalou)のアレンジが予想外の方向性で面白かった。tr.06のガレッガについては原曲の特徴的なコードリフをフィーチャーしてないので「アレ?」って思ったのだが、

森林地帯の所のアルペジオフレーズさえあればこの曲は成り立つんですよ!!!11

なるほど。やはり人によって原曲に対する注目点が違って(もしくは故意に変えて)、結果的にアレンジが違ってくるからカヴァーは面白いんだなぁと当たり前の事を再認識。

あと、パッケージのOHP+CDレーベルのコンボが素晴らしすぎ。Silly WalkerのP.I.C.(S)の時も思ったけどOHP+CDレーベルのコンボはいずれ真似してみたい。

(Sommench)

 2004-10/13

なんかごちゃごちゃして見難くなったような気がしないでもない。
あ、ちなみにコメント欄とTrackBackが付いたからといって、更新ペースは今までと変わりないと思います。

http_refererは記録された検索キーワードが更に検索ヒット率を上げるという悪循環になってしまっていたので対処。うちに無料のCDラベル素材はありません。飽くまでもhttp_refererなのでリンク元が確実に判るわけでもなく中途半端な機能なのでいずれアンテナに切り替えたい所。

(Sommench)

 2004-10/09

皆様、お疲れ様でした。
今回はXeviousZanacを10枚づつ。その他は4,5枚づつ持っていきました。台風なので大分売れ残ると思っていたんですが、1時間半での完売となってしまいました。旧作は新作が出ない時に10枚ぐらいずつ持っていきたいと思います。新作をリリースする時でも事前にcontactかbbsで連絡をいただければ、旧作は作成していきます。

XeviousZanacはプレスにした方がいいかもしれないですね。ただ、プレスにした場合は在庫の置き場所に困るんですよね。隣のMagical Trick Societyの方も同じことを言っておられましたが。
今、気が付いたんですが、ウチの場合CDよりもパッケージの方が大変なことになりそう。特にXeviousとかZanacとかATARIは業者にやってもらえるかどうか不明です。出来たとしても高そう。

今回の反省点。キーワード。
今回からM3に申し込む時にキーワードが自由に指定出来るようになったんですが、よくわからなかったので「レトロゲーム」「元曲改変」しか入れてませんでした。今日カタログを見てどういうものを指定すればいいのかわかりました。
ウチの場合は「ゲームミュージック」「アレンジ」「元曲改変」ぐらいは入れておいて然るべきですな。「元曲改変」はちょっとアレですが、「原曲拡張」と言うにはやり過ぎだと思うので、次回もこのまま行きたいと思います。
新作をリリースする場合、ゲーム名やメーカー名まで入れるとなると次回は「ゲームミュージック」「アレンジ」「ナムコ」「ギャラガ」「ギャプラス」「サンダーセプター」「ギャラガ'88」「ネームエントリー」「元曲改変」。とかそんな感じですか。「ネームエントリー」はいらないか。

(Sommench)

comments

  • 「元曲」イコール「原曲」のつもりで使って来ましたが、全然違う意味になってしまうことを今日知りましたよorz。なので次回は「原曲改変」で。 - Sommench (2004-10/13 03:22:56)