FrontPage information products plan work-log(jp) contact

work-log/2004-12

[ 2000 - 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 ]
[ 2001 - 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 ]
[ 2002 - 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 ]
[ 2003 - 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 ]
[ 2004 - 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 ]
[ 2005 - 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 ]
[ 2006 - 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 ]
[ 2007 - 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 ]
[ 2008 - 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 ]
[ 2009 - 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 ]
[ 2010 - 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 ]
[ 2011 - 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 ]
[ 2012 - 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 ]
[ 2013 - 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 ]
[ 2014 - 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 ]
[ 2015 - 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 ]
[ 2016 - 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 ]

 2004-12/13

Galaga。アレンジそのものとパート構成が完了。残りはデータの細かい調整とエフェクト処理。ようやくここまで漕ぎ着けたといった感じ。
こんなに時間がかかってしまった理由は作業の効率化といった側面よりも、完成時のイメージが漠然としている状態で作業に入ってしまったからではないかと思われる。実際、これまでの中で一番作り直しや切り捨てたパートが多かった。もちろん作業の効率化も足りないがパターン化して似たようなトラックしか作れない状態に陥るのが怖い。…とか言っても似たようなものしか作れてないですが。

(Sommench)

 2004-12/07

まだGalaga。ベースとドラムのパターンを全面的に差し替えることで、大分自分のイメージに近付いた。曲全体の構成も固まりつつあるので、このまま完成まで持っていきたい所。あと数パート、難関が残っているが今週中にはそれらのパートを片付けてしまいたい。ようやく出口が見えてきた。

(Sommench)