FrontPage information products plan work-log(jp) contact

work-log/2013-10

[ 2000 - 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 ]
[ 2001 - 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 ]
[ 2002 - 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 ]
[ 2003 - 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 ]
[ 2004 - 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 ]
[ 2005 - 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 ]
[ 2006 - 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 ]
[ 2007 - 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 ]
[ 2008 - 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 ]
[ 2009 - 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 ]
[ 2010 - 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 ]
[ 2011 - 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 ]
[ 2012 - 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 ]
[ 2013 - 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 ]
[ 2014 - 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 ]
[ 2015 - 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 ]
[ 2016 - 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 ]

 2013-10/31

2009年春のM3から2011年春のM3まで使っていた大看板(ブースディスプレイ)はもう使わないと思うので処分することにした。
もし後でやっぱり使いたいということになった場合に備えて、一応、作り方をまとめておこうと思う。もしかしたら誰かの参考になるかもしれないし。

作例

材料

径19mmのワイヤーシェルフ

  • 棚 W450mm,D250mm x1
  • ワイヤーバー W450mm x1
  • ワイヤーバー W600mm x4
  • コネクター x2セット (計4個)
  • ポール H475mm x2セット (計4本)
  • 延長用ポール H160mm x2セット (計4本)

ポールは持ち運びのため分解できるようにしたが、H600mmのポールでもそれほど違いはないと思う(保障はしません)。
パーツ1とパーツ2を組み合わせる時にうまくいかないことがあるので、最初は仮止め程度にしておいて、ハンマー等で固定するのは全体が出来てからやった方がいいと思う。

骨組み - パーツ1

二本のポール、棚、短い方のワイヤーバーを使ってパーツ1を作成する。

  • 棚取り付け位置: 一番下
  • ワイヤーバー取り付け位置: 上から三番目 (スリーブの上に溝が二つ見えるように)

写真は既に両方のスリーブを取り付けているが、実際には上側のスリーブを着ける前に棚を下側のスリーブに固定する必要がある。
完成時にはポールがある方が背面となる。ワイヤーバーの向きに注意。正面側がツライチになるようにする。

骨組み - パーツ2

二本のポール、四本の長い方のワイヤーバーを使ってパーツ2を作成する。
※この作例ではワイヤーバー四本としたが、そんなに重いものを乗せる予定が無ければ三本でも可能

ワイヤーバー取り付け位置(下から):

  • 下から二番目(スリーブの直下に一つだけ溝が見えるように)
  • その八個上(下のスリーブとの間に七個溝が見えるように)
  • その七個上(下のスリーブとの間に六個溝が見えるように)
  • 一番上(下のスリーブとの間に四個溝が見える)

※作例によって変わる。パーツ1とパーツ2を組み合わせるのに重要なのは一番下と一番上のワイヤーバーなので、中間のワイヤーバーの数や位置は必要に応じて変更が可能。
写真は既に全てのスリーブを取り付けているが、下から順番にスリーブを取り付け、次のスリーブを取り付ける前にワイヤーバーを固定する必要がある。
ワイヤーバーは正面側がツライチになるようにする。

骨組み - パーツ1とパーツ2を組み合わせる

コネクタ四個でパーツ1とパーツ2を組み合わせる

まず、下から。コネクタ二個をパーツ1の棚の正面側に上の画像のように仮置きして、

パーツ2の一番下のワイヤーバーに噛ませる。慣れが必要。パーツ2の向きに注意。ワイヤーバーがツライチになってる方が前。

上側はそれほど難しくない。まずパーツ2の一番上のワイヤーバーにコネクタを引っ掛けて、パーツ1の一番上のワイヤーバーに噛ませる。
この時点では全体的にぐらぐらして不安定なので、

コネクタとワイヤーバーの隙間に何か詰め物をすると安定する。作例の場合は適当にダンボールを切って曲げて詰め物にしている。

外装

今回の作例の場合は外装にダンボールを使用した。A4サイズ六枚分(横三枚x縦二枚)の面積をディスプレイすることが可能。詳細は省略するが、一番上の画像の場合は7mmジュエルケースが三枚程度入るポケットを12個、試聴用のiPod touchを組み込んだ。この場合、外装を骨組みに固定するのにガムテープだけでは重量的に難しいので、四本のワイヤーバーに引っ掛けることが出来るフックをダンボールで作成した。軽いものであればガムテープ程度で固定できる。

ちなみにヘッドフォンスタンドは100均で買ったフックを一番上のワイヤーバーに取り付けている(そのままではうまく合わなかったので少し曲げている)。

利点

  • 無茶な組みつけ方をした割には、案外、安定している
  • 作例ではCD36枚(7mmジュエルケース使用)程度の重量には耐えられた
  • 外装次第ではそれなりの見栄えになる
  • 分解すると意外とコンパクト

欠点

  • それなりに重い。使わなくなった最大の要因
  • パーツ1とパーツ2の組み付けの時、下側のコネクタが入りにくい。慣れないと手間と時間がかかる
  • CDの数が多い場合、外装にそれなりの工夫が必要。作例以上のCDの数になる場合はおすすめできない。うまくワイヤーバーに重量がかかるような外装にすればもう少し収納数を増やすことができるかもしれないが……

(Sommench)

 2013-10/27

M3お疲れさまでした(一日遅れ)。今回もゆるーい感じで参加してしまいました。当面はこんな感じで。活動自体が一段落してしまって、次回作の計画はあるものの、形になるのは当面先になりそうです。

informationの方でも書きましたが、Pulse Therapyの新作、0499624に参加させていただきました。PENTA TENTACLESのSnakeモードBGMのアレンジです。自分がこれまでアレンジした中では最も新しいゲームでした。祝・日本での配信2周年記念ということで(今こじつけた)。曲も良くてゲームも面白いのでWiiをお持ちの方は是非。

(Sommench)

 2013-10/03

一応の完成。あと2日ほど聴いて最終決定する。

(Sommench)

 2013-10/01

EQ処理とか。あともうちょい。

(Sommench)